【レビュー】Logicool G600 MMO向けゲーミングマウスを3年間使い続けた感想

ゲーミングマウスと普通のマウスの違いとは

普通のマウスとゲーミングマウスの違いは、ざっくり”ボタンの数”、”マクロ設定の可否”の違いです。

普通のマウスは、基本的な”左クリック”、”右クリック”と、モノによっては”戻る”、”進む”が付いています。

ゲーミングマウスは、普通のマウスの機能に加えて、他にもゲーム向けに複数のボタンを備えているマウスが多いです。
また、それぞれのボタンに操作キーの割り当てやマクロの設定を行うことが可能なマウスもあります。

他にもDPI(マウスがどれだけ細かい操作が可能かを示す値)や、反応速度等もゲーミングマウスを選ぶ上で重要な指標となりますが、MMO向けマウスということで、今回のレビューでは割愛しています。

logicool G600ってどんなマウス?

発売日2012/07/20
amazon価格(2019/11/24現在)7,980円
118mm
75mm
高さ41mm
重量133g
ケーブル長2.1m
保証期間3年間

長い間愛用していましたが、発売日はなんと7年前…2012年ということに驚きました。

なんといってもG600の特徴はマウス左面に配置されている12個のボタンです。

それぞれのボタンにキーの割り当てが可能になっており、キーボードの英字・数字キー等を割り当てることで、マウスだけで片手で操作が可能になります。

さらに、ホイール下に”Gシフトボタン”という割り当てモードを変更するボタンが配置されており、モードは3種類あります。
仕事、ゲーム等のシチュエーションに応じて、3種類割り当てを記憶できるのは嬉しい機能です。

logicool製の製品に共通して言えることですが、保証期間が長く、本製品は3年間の無償保証が付いているのも大きな特徴です。

実際の使い方

自分は主に”FF14″、”PSO2″でG600を使っています。

logicoolの専用ソフトウェアで各ボタンの割り当てやマクロの設定は容易に行えます。

ボタン割り当ては、左面の12個のボタンに加えて”左クリック”や”右クリック”等のキーにも設定することが可能です。
ボタンは同時押しにも対応しており、Ctrl+c(コピー)、Ctrl+v(ペースト)のような操作を一つのキーに設定することも可能です。

マクロは、自分は少ししか触っていないので、使いこなせてはいないのですが、例えば、”ボタンを押している間、特定のキーを連打”また、”ボタンを押している間、30ミリ秒毎に3つのキーを順番に押し続ける”のような若干の遅延を入れることも可能です。
※ プレイしているゲームでデバイスのマクロが規約で禁止になっていないかは確認する方が無難です

上記はPSO2のパレットで、”アイテムやスキル(アイコン)”と”割り当てボタン(下の数字)”のスクリーンショットです。
プレイヤーによってボタンの割り当ては様々ですが、自分の場合だとキーボードの数字キーの0~9が設定されています。

MMOのオンラインゲームでは自キャラクターの移動キーが”A”、”W”、”S”、”D”であることが多く、これを押しながらアイテムを使うことはこのボタン配置では難しいです。(ゲームパッドを使えば…というのはありますがマウサー向けのレビューとなります…)

そこでG600の左面の12個のキー(G9 ~ G20)の数字キーの0~9を割り当てることでマウス操作だけでアイテム使用、スキルの使用が可能となり、とても快適にプレイができています。

メリットとデメリット

メリット

最大のメリットはもちろん合計20個の割り当て可能ボタンの数です。

そもそもMMO向きのマウス左面に大量のボタンがくっついているマウスはそこまで選択肢が多くありません。

今回のLogicoolのG600の後継機であるG600tと、RazerのRazer Nagaシリーズが挙げられますが、Razerのマウスは1万円は超えてくるので、コスパを見ればG600tになると個人的には思います。

Logicoolは続々と新しいゲーミングマウスを発表していますが、ボタンがここまで多いマウスは他には無いため、G600(G600t)のボタンの多さは、数少ない?と思われるMMOマウサープレイヤーにとっては欠かせない機能です。

デメリット

デメリットは左面のボタンの手前側(G18 ~ G20)の配置です。

マウスの左面なので必然的に親指で押すことになるのですが、かなり親指を曲げないと手前のボタンにはとどかず、無理すると腱鞘炎になりそうで、結局G9 ~ G17までの9個のボタンのみで運用していました。
9個のボタンでも十分多いですし、使っていて他に不満はありませんでした。

まとめ

今回レビューしたLogicool製のG600(G600t)は新型のモデルではないですが、MMOのオンラインゲームをプレイするには最適なマウスです。
使い慣れたマウスでMMOがしたい…!という方にはオススメですので是非お試し下さい。