iPhone2台持ちのコストは?月額料金はどうなるのか

今回はiPhoneを2台持ちするとコスト面はどうなるのか紹介していきます。

会社で貸与されているiPhone 1台、私用でiPhone 2台で合計iPhoneの3台持ちをしていると、お金の無駄使いじゃないかなと友達から言われるのですが、実際はそんなにコストがかかっているわけではありません。

筆者はあまり新品に拘りはない、むしろ少し傷が付いている中古の方が雑に使えて安心。
性能が最高よりはコスパが大事という思考なので、コスパ重視での解説になります。ご了承下さい。

「外観が光沢とマットのスマートフォン2台」の写真

端末料金

もちろん最新のiPhone 11だとコストが上がるのは当たり前ですが、

iPhone 11のカメラ性能や処理速度が必須ではないなら、2,3前の世代に目を向けると今ならかなり安く手に入ります。

また、絶対新品というような拘りがない方であればヤフオク、メルカリのようなオークションサイトでsimフリーの端末を中古で購入する手もあります。

以下目安です。

機種名 参考価格
iPhone 11(64GB) 新品 82,280円(apple Store)
iPhone XR(64GB) 中古 50,000円前後(ヤフオク)
iPhone X(64GB) 中古 38,000円前後 (メルカリ)
iPhone 8(64GB) 中古 34,000円前後(メルカリ)
iPhone 7(128GB) 中古 14,000円前後(メルカリ)

今使っているのはiPhone Xでの2台持ちですが、

2台目をゲーム等のアプリ用とするならiPhone8やiPhoneXをオススメします。

2台目はTwitterやインターネット検索をメインに使うという方であればiPhone 7でも十分すぎる性能です。筆者は未だにiPhone 7も使っていますがTwitter,Line,youtube位の利用だと動作が遅いと感じません。

 

月額料金

wifiでしか使わないよという方であれば月額料金すら不要ですが、

ここでは追加で2枚目のsimカードを契約して、wifiが無い環境でも通信することを想定して紹介します

結論としては、複数simに対応している格安simで、1枚目のsimカード同じ会社で2枚目も発行するのが良いです

複数simに対応している会社は多いですが、追加simカード発行手数料は高くても3,000円以下です。

simカードを複数枚発行できる格安simで大手はLineモバイルやBIGLOBEモバイルが挙げられます

2枚目以降のSIMカード発行手数料が割引
データSIMだと発行手数料の1,000円のみでSIMカードの追加申し込みが可能です。
月額料金は変わらないのでコスパ◎詳細をチェック
公式サイトへ

結論

iPhone 7を中古で購入してsimカードを追加で申し込みしたケースと仮定すると…

  • iPhone 7中古 購入費用 14,000円
  • 格安sim追加発行手数料 3,000円(多くの格安simが3,000円以下で追加発行が可能です)

合計で17,000円ほどでiPhoneの2台持ちが可能になります。

人にもよるかと思いますが、私はイメージしていたより2台持ちにかかる費用は少ないと感じました!

2台持ちを検討中の方の参考になれば幸いです