現役エンジニアのメルカリの活用ポイント

今回はメルカリをうまく活用する方法をご紹介します。

私はメルカリで数回/月くらいの出品をしているライトユーザにあたるのですが、
メルカリってここがいいなと思うポイントがあります。

新品で商品を買う”前”にメルカリをチェックする

私が最もメルカリを活用するのは、メルカリで買い物を”しない”ときです。
公式ストアやamazonで新品で商品を買いたいときにメルカリをチェックします。

どういうことかというと、
メルカリには定価から値段が下がりにくいジャンルが存在しており、
これから買おうとしている商品は価値が下がりにくいのか、下がりやすいのかをチェックしているんです。

  • apple製品
  • パソコン部品(メモリ、グラフィックボード等)
  • 人気ゲーム機

これらは値段が大きく変動することがないジャンルです。

特にapple製品は値段が下がってくるペースがとても遅く、
airpodsやmac PC、iPhoneに関しては最新機種でなくても定価の70%~80%程度の価格で取引されています。
airpods proに関しては人気製品であることもあり、定価とほぼ変わらない値段です。(2020/4/5現在)

買い手の人からすると、高いのでメリットが無いのですが、
私は、この特徴のおかげでとても気軽にapple製品が買えるようになりました。

「ちょっと外出する機会が増えたからmacが欲しいな・・・」

「airpods proがとても良いらしいから試してみたいな・・・」

こういう風に考えたとき、
現在だと気軽に安く製品をレンタルできるようなサービスがないので、
メルカリを活用する前の私は、

  • apple製品って高いから気軽に買えない
  • 買ってみてハズレだったらどうしよう
  • 買ったあと他の製品の方が欲しくなったらどうしよう

と色々考えてしまい、すぐ買うことができませんでした。

しかし、メルカリを使えばapple製品は定価に近い値段で売ることができるので、apple製品はお金に戻すことが可能な資産という認識に変わりました。

もちろん出品手数料、送料等が発生するので完全に定価では売れないですが、レンタルするよりは圧倒的に安いので、
新しい製品を色々使いたい!試してみたい!というインフルエンサー寄りな方に、メルカリはとてもオススメです。

もちろん、大事に商品を使う必要があるので注意が必要です。
傷がついてしまうと価格が下がって本末転倒なので!

本を気軽に読むならメルカリ

次に、本を良く読む方にオススメのポイントです。

現代では電子書籍で気軽に本を買うことができるようになりました。
ですが、私のように本は電子書籍より、実物という人も一定数いると思っています。
いないと本屋が軒並み潰れていますから。

私は本を読むときは、1カ月位空けて、2回は読むようにしているのですが、
そのあと思い出して読むということはほとんどありません。

メルカリを活用すれば安く、たくさんの本を買うことができる上、
読まないと判断した本は売ってしまうことも可能です。

オススメはまとめ売りを活用することです。
例えばホリエモンの本を読みたいと思ったら、ホリエモンの本をまとめて出品している人を探して購入します。
古い書籍なら半額以下であることも珍しくないです。

まとめる理由は、箱台や送料を浮かせるためです。
宅急便コンパクトでも3,4冊は入ります。

私は自己啓発本や特定の著者さんの本をたくさん読むのですが、ジャンルが固定されている人はまとめ売りの恩恵を受けやすいです。

まとめ

メルカリは中古で安く商品を買ったり、古い不要なモノを売るために活用されている人が一般的だと思います。

しかし、視点を変えて、メルカリを相場のチェックに使ったり、気軽にレンタルするような気持ちで活用することで、とても便利な生活を手にすることができます。

ぜひ活用してみてください。