Razer Nari Ultimate が微妙だった【振動はすごい!でも重い!】

Razer製のハイグレードのヘッドホン”Razer Nari Ultimate “の使用感をレビューします。
独特な振動機能を搭載しており、期待していたのですが、
私には使いこなすことができませんでした。

これから購入する人向けにどこが微妙だったのかを解説します。
※ この記事は4分程で読めます

Razer Nariシリーズは3モデル存在しています。

Razer Nari Essential
最も安いモデル。
無線接続のみで、LEDにも搭載していません。
コストパフォーマンスに優れています。

Razer Nari
スタンダードモデル。
無線接続、アナログ接続に対応しており、LEDも搭載しています。

Razer Nari Ultimate
本製品。
無線接続、アナログ接続に対応しており、LEDも搭載しています。
また、音に合わせてヘッドホンが振動するRazer HyperSense機能が搭載されています。
音質自体はRazer Nariと変わらないので、振動するところのみ差分があります。

Razer Nari Ultimate

良かった点

Razer HyperSense による振動効果

音に合わせた振動が最も衝撃を受けた機能でした。

専用のゲームがあるわけではなく、Youtubeや映画鑑賞においても、HyperSenseをオンにするだけで振動を楽しむことができます。

THX Spatial Audio によるサラウンド機能

従来の5.1chや7.1chを超える、独自規格で、
上下方向にも対応したサラウンドを楽しむことができました。

FPSなどのゲームをプレイするときは、
足音や銃声等が明らかに他のヘッドホンとは違っており、没入感を楽しむことができました。

個人的に微妙だった点

あくまで私が個人的に感じた点になります。
私は普段ゲーミングイヤホンRazer Hammerheadを使用しており、
ワイヤレスのヘッドホンを買うのは初めてでした。
そんな私が感じた微妙だった点です。

とにかく重い

最大の欠点だと思っています。
本当に重いです。

435gあります。

私は長時間ゲームをプレイするユーザなのですが、
Razer Nari Ultimate を購入した時は、
頭にずっと435gの重りを搭載することになるという事実を理解していませんでした。

特に普段はイヤホンでプレイしていた私にとってはとても辛く、
1時間~2時間ほどゲームをプレイしただけで、激しい肩こりと頭痛に見舞われました。

更に、少し下を向くだけでズレて落下しそうになります。

振動で気持ち悪くなる

メリットにも上げた振動ですが、
長時間振動し続けると気持ち悪くなるんだな…ということを使ってみて初めて知りました。

もちろん個人差はあると思いますが、
youtube視聴などの普段使いの時は振動はOFFにしておくことをオススメします。

私は30分位の使用で頭痛と若干の吐き気に見舞われました。
前述の重量問題と合わせて頭にかかる負荷が高いんだと思います。

充電の持ちが悪く結局アナログで使う

こちらはRazer Nari Ultimateが悪いわけではなく、
私が怠惰なことに問題があるのですが、

充電の持ちがそこまで良くなく、振動をONにした状態だと7~8時間ほどで充電が切れてしまいます。

うっかり外したまま電源をOFFにしていなかったり、
前日に充電を忘れると、
いざ使いたいときに結局アナログ接続で充電しながら使うということが多かったです。

まとめ

Razer Nari Ultimate はとても高音質で、
振動する固有の機能があり、初めて使ったときはとても衝撃を受けました。

一方で重量があり、長時間の利用にはあまり向いていない製品かと思います。

「特定のゲームをするときだけ没入感を楽しみたい!」

という人にはオススメですが、

私のように、

「普段使いできるゲーミングワイヤレスヘッドホンが欲しい!」

という人にはあまり向いていない製品だと思いました。

これから購入を考えている方のお役に立てたら幸いです。